商品検索:
買物かごに 0 個商品 清算へ 私の注文
最新レビュー
もっと... レビューを書く
レビューを書く
あなたの評価
差(1) 一般(2) 好(3) 很好(4) 非常好(5)
レビュー標題
レビュー内容
認証コード
はっきり見えない?もう一つ
匿名発表 
日本漢詩明治詩文(図文字版)
番号:DL-JG-000014
メーカ:凱希   [このメーカのすべて商品を見る]
単位:個
規格:CD-ROM
枚数:一枚
シリーズ14
価格:¥55,000 円(税込)
注文数:
注文 お気に入り

商品紹介
詳細参考値
 明治8~9年頃から漢詩文の機関誌が次々に発刊されるようになる。その中で、最も勢力があったのが、《新文詩》(8年創刊 森春涛主宰)、《明治詩文》(9年 佐田白茅主宰)などである。洋学隆盛の中にありながら、漢詩結社の雑誌が盛んになっていった要因だが、当時、牽引役を担った人々が漢学的教養を背景とした活動を積極的に行ったことが挙げられる。その結果、功なり名遂げた人や社会活動家などは、漢詩文の著作を刊行するというのが慣例となっていった。まさに明治の漢詩は空前の発達をとげたのである。《新文詩》《明治詩文》ともに、編者の豊かな人脈もあって主な掲載者としては、島津久光、勝海舟、副島種臣、重野成斎、川田甕江、安井息軒、三島中洲、大沼枕山、中村敬宇、大槻磐渓、森槐南、依田百川、鷲津毅堂ら、当時の錚々たる文士らが名を連ねたほか、伊藤博文・山県有朋ら政界の重鎮も詩を投稿し、明治期の漢詩壇に大きな影響力をもった。
  《明治詩文》《新文詩》《新文詩別集》ともに紛失が多く収集は困難だったが、この度、可能な限り揃うこととなった。このほか《昭代詩文》(明治21年創刊 綿引泰主宰)も併せて収録する。
WindowsXP/Vista/7/8/10
Mac OS v10.4Leopard以後
商品詳細
Copyright (C) 2000-2016 有限会社メディアサービス All Rights Reserved. 
勤務時間:月曜〜金曜 10:00 — 20:00  電話によるお問合は:052-759-5586 
会社所在地:〒466-0853名古屋市昭和区川原通3-5-103   info@kaixims.net