商品検索:
買物かごに 0 個商品 清算へ 私の注文
最新レビュー
もっと... レビューを書く
レビューを書く
あなたの評価
差(1) 一般(2) 好(3) 很好(4) 非常好(5)
レビュー標題
レビュー内容
認証コード
はっきり見えない?もう一つ
匿名発表 
清代朱巻・上集
番号:DL-GJ-000051
メーカ:凱希   [このメーカのすべて商品を見る]
単位:個
規格:DVD
枚数:1
シリーズ51
《清代朱巻・上集》には会試1635巻があり、12000人の進士に及んだ。
価格:¥63,720 円(税込)
注文数:
注文 お気に入り

商品紹介
詳細参考値

中国では官吏選任は選挙といわれ、漢の武帝の時の郷挙里選で最初の整備が行われた。その後、三国時代の魏で九品中正制が始まったが、有効な人材登用には至らなかった。そこで隋の文帝は九品中正制を廃止して、学科試験による官吏登用制度を始めた。その制度が唐の時代に「科目による選挙」という意味で「科挙」と言われるようになった。

 清朝は満州人が支配権を握った征服王朝であるが、彼らは辮髪などの風俗を漢民族に強制したが、漢民族の制度や文化はそのまま利用した。科挙も前代につづいて盛んに行われ、儒学の素養が同様に尊ばれた。1900年に義和団事件が起こり、列強によって鎮圧された後、西欧文明への関心を高めた西太后らは、光緒新政でようやく立憲体制への転換を表明したが、その際、1904年を最後として、翌1905年に科挙の廃止に踏み切った。

 全文検索の《清代朱巻下》は清代朱巻集成420冊による清代の康熙年間から光緒年間までの郷試、会試、五貢である。8000あまりの清代の文武官僚の履歴、傳記、譜系、撰述、行誼がこの中に収録されている。清代の科挙を研究する重要な資料である。

 《清代朱巻上集》には会試1635巻があり、12000人の進士に及んだ。
商品詳細
Copyright (C) 2000-2016 有限会社メディアサービス All Rights Reserved. 
勤務時間:月曜〜金曜 10:00 — 20:00  電話によるお問合は:052-759-5586 
会社所在地:名古屋市昭和区川原通3-5-103   郵便番号:466-0853